Today 2021年2月25日

vape(電子タバコ)のメリット・デメリットとは?

vapeのメリットについて

近年、電子タバコの一種であるvapeを愛用する方が増えていますが、vapeのメリットとしてまず挙げられるのは、紙巻タバコや加熱式タバコと比較して有害物質が少ないことです。現在、国内で流通しているvapeのリキッドにはニコチンやタールが含まれていないので、身体への害が非常に少ないという特徴があります。また、紙巻タバコや加熱式タバコのように、タバコ特有のニオイを気にする必要がなく、歯や壁などが黄ばむこともありません。このような特徴があるため、vapeは周囲の人に対して必要以上に配慮することなく使用できます。加えて、リキッドのフレーバーは多種多様で好みに応じて使い分けができますし、タバコを吸っている感覚が得られるため禁煙や減煙につなげることも可能です。

vapeのデメリットについて

vapeのデメリットとしては、まずメンテナンスが必要なことが挙げられます。これは加熱式タバコも同じですが、vapeは本体を充電しなければ使えず、リキッド補充やコイル交換といったメンテナンスを定期的に行う必要があります。充電に関してはUSBで行えるものもあるため、出先でも充電することは比較的容易ですが、メンテナンスを怠ると故障や味の低下につながる恐れがあるため注意が必要です。ただし、使いきりのリキッド入りカートリッジを装着すれば使用できるカートリッジ式というタイプや、使い捨てタイプであればメンテナンスの手間はかかりません。また、vapeは紙巻タバコとは異なり初期費用がかかるため、長期的に使用しないとコストが割高となるのもデメリットと言えるでしょう。

vapeのアメリカで製造された電子タバコは、国内で出回っているものと操作方法やデザインなどに違いが見られます。

Top