Today 2022年8月11日

屋上緑化のための設備を整えるうえでどんな点に注目すべきか?


企業向けの緑化事業に携わっている業者を探そう

屋上緑化は、高層ビルが立ち並ぶ人口密集地で問題となっているヒートアイランド現象への対応や、紫外線や酸性雨などによる建物へのダメージの保護などの観点から注目が集まっています。屋上緑化を理想的な形で進めていくには、企業向けの緑化事業に長年携わっている業者の取り組みについて調べて、早期にサポートを依頼することがとても大切です。特に、装置の取り付け工事や植栽、保水などの作業をしっかりと行うには、時間を掛けて業者ごとの得意分野を調べたり、経験豊かな職人がいるかどうか確認したりする必要があります。なお、屋上の面積や建物の高さによって、通常よりも作業に時間を要することもあるため、余裕をもって業者側と打ち合わせを開始することが肝心です。

長く緑化を行うならコストの計算も大事

屋上緑化を継続的に行うには、各設備の点検をしたり、植物が枯れないように手入れをしたりするため多大なコストが発生することがあります。そうした中、予算の範囲内で無理なく屋上緑化を進めるには、各業者の料金体系やアフターサポートに目を向けることが大切です。最近では、大手の業者をはじめとして、屋上緑化のための基本的な工事が終了した後も定期的に設備の点検や修理をしてくれるところや、無料で相談に応じているところも少なくありません。また、それぞれの企業のニーズに応じて、低額から高額まで様々な屋上緑化のプランを用意している業者もあります。そのため、契約前に各業者が扱うプランの内容をチェックしておきましょう。

屋上緑化とは、ビルなどの屋上に植物を植え緑化することを意味します。商業施設ビルや病院の屋上などで行われており、癒しのある外観になるだけでなく、断熱性や、緑化による温暖化対策効果などが期待されています。

Top