Today 2022年9月26日

東京に行ったら是非買っておきたいおすすめの土産物とは


伝統工芸品が好きなら江戸切子がおすすめ

東京を代表する土産品には様々なものがありますが、特に伝統工芸品が好きな方におすすめなのが江戸切子です。この江戸切子というのは、江戸時代の後期に日本橋界隈で生まれたと言われているガラス工芸品のことで、二層のガラスの表面を削って作られています。非常に繊細な技法が用いられているため、海外でも高く評価されている江戸切子は、1985年には東京都の伝統工芸品、2002年には国の伝統的工芸品にそれぞれ指定されており、これまでに世界各国から来日した要人にも何度も贈られています。大型のものになると数万円以上する江戸切子ですが、土産用に作られたグラスや徳利であれば数千円台で購入できるものもありますので、予算に限りがあるという場合にはそういったものを選んでみるというのも一案です。

甘党であれば和菓子がおすすめ

東京は江戸時代を通じて日本の中心地であったということもあって、都内には100年以上の歴史を有する老舗の和菓子店がいくつもあります。そのため、もし土産品を贈る相手が甘党なのであれば、そういった老舗の和菓子を買って帰るというのもおすすめです。主要エリアには、必ずといって良いほどそういった老舗がありますので、あらかじめ調べた上で訪問時に購入するとよいでしょう。ただし、和菓子の中には消費期限が短いものが数多くあるという点には注意しなければなりません。もし土産品を贈る相手がすぐに口にしてくれるとは限らないのであれば、消費期限が長めのものにするか、場合によっては和菓子以外の土産品にした方が良いかもしれません。

カンパネラ、とはイタリア語で「小さな鐘」という意味があります。イタリアでは一般的な単語であり、人の名前として使われることもあります。

Top